愛犬が亡くなったんじゃ

7月30日、妹んように可愛がっとった愛犬(14才の小型犬)が亡くなったんじゃ。8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用しとったが、それ以外は大きな病気もした事がのぉて、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気じゃったんじゃ。

ほぃじゃが7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きましたんじゃ。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっとるとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤やらを処方された。

食欲は普段と変わらず、ぐったりしとる感じもなかったんじゃが、数日様子を見ょぉっても呼吸の速さが落ち着かんけぇ、7月10日もっぺん病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっとるとの事じゃったんじゃ。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにゃぁしょぉったもんの、食欲、元気の喪失は見られんかったけぇ、「年令も年令じゃけぇ治るんに時間がかかるんかな」くらいに思い、様子見の日が続きましたんじゃ。

が7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れんような状態になり翌朝また病院へ。しぇんしぇいに入院を相談してみたんじゃが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるけぇ、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみちゃぁとアドバイスされ、早速その日からレンタルしたんじゃ。ほぼ丸1日ハウスに入っとる状態じゃぁあったもんの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いちゃぁいましたんじゃ。

じゃが、7月22日頃からそれまで旺盛じゃった食欲、元気が徐々に減りだし、ついにゃぁ何も口にしのぉなってしもぉたけぇ、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行かんじゃった)。

今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、ちぃとずつじゃがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしゅうなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向こぉていくんじゃっちゅぅて希望を持ちた。なんに、その3日後、あの子の心臓は止まってしもぉた。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔でウチや家族の事を見つめとって、特におかしな様子は見られんかったのに、その次に愛犬を見た時にゃぁ苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きゅぅ吸い込んだ後、そのまま眠りについてしもぉた。わずか3分くらいの出来事じゃったんじゃ。

きっとようなるゆぅて信じとったけぇ、容体の急変にどうしてええかいっこも分からず、最期泣きもっとっただ名前を呼びおらぶだけしかできんかった自分が心底憎い。例えてゆぅたらあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせとったら、人工呼吸や心臓マッサージをしょぉったら、ひょっとして今もあの子はウチの隣におったかもしれん……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしもぉた気持ちにさえなるんじゃ。

またタイミングの悪い事に、6月頃からウチ自身の体調があまりようのぉて、病気の愛犬の世話を思うようにしちゃりられんかった事も、ぶち申し訳なく思うとるんじゃ。ウチの看護は落ち度や手抜きだらけじゃったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされとるんじゃ。もっとああしちゃりりゃぁえかった、こがぁな飼い主であの子はげに幸せじゃったんじゃろうか、助けちゃりられんかった罪をどうやって償っていきゃぁよいんじゃろうかと。

ステロイドで回復の兆しゃぁ見えたが、結果亡くなってしもぉたっちゅう事は、体もきっと相当辛かったんじゃっちゅぅて思いますけぇの。その辛さもウチはあまり理解しちゃりとりませんじゃったんじゃ。いっちゃんケツの方、ウチは嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしもぉたりしたけぇ、「お姉ちゃん、何でこがぁな意地悪をするんじゃ。

お姉ちゃんなんか嫌いじゃ」ひょっとしたら、そがぁな風に思わせたまま旅立たせてしもぉたんかなとも考えますけぇの。体や精神がばらばらになりそうな程悲しゅうて、あの子のいない世界で生きていくんがげに辛い。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかなぃんじゃ。

ウチも7月に愛犬を亡くしたんじゃ。大型犬たぁゆぅても、9歳じゃったけぇ「まだまだ生きられる」年齢じゃったんじゃ。ガンが発覚してから一ヶ月…あまりにもはよぉて、びっくりしとるウチに逝ってしもぉた、っちゅう感じじゃ。病気が見つかった時は、「ほんまの愛犬家なら年にいっぺんはレントゲンくらい撮るもんじゃ」と責められたこともあったんじゃ。

ワクチンや決められたこたぁきしゃっとしとったが、げに元気すぎる!ゆわれるくらい、丈夫でいっつも皆をへたへたにさせるくらいテンションの高い子じゃったけぇ、気づかなかったんかもしれん。見つかった時は「大学病院で手術しても助からん」ゆぅてゆわれた。それでも遠くん病院に通い、放射線治療やら、やるこたぁあったかもしれん。

獣医さんにゃぁ「それでも2週間延びるかわからん」ゆぅてゆわれたけぇ、やめた。実際、死ぬ3日前くらいまじゃぁ比較的元気で(食べなくはなった)、モルヒネと進行を抑える薬を飲む以外のこたぁしませんじゃったんじゃ。それもいろいろな人に「絶対手術したほうがええ」ゆぅてか「薬はこれとこれがええ」ゆぅてか「酸素マスクをつけろ」やら、ゆわれたんじゃが、自分で何もせんことに決めた。

一ヶ月べったりと一日中いたのに、質問者さんと同じで「ちぃと目を離したすきに」一人で逝ってしもぉた。ちぃと前は息は苦しそうじゃったんじゃが、やっぱし顔を上げてじっと見たりしょぉったけぇ、10分くらいなら大丈夫じゃゆぅて思い込んでしもぉたんじゃ。なんのために、24時間体制でいたんか…かなりショックじゃったんじゃ。

でも友達にゃぁ「あんたに飼われてほんと幸せじゃったよ」ゆぅてゆわれて救われた。絶対にワンちゃんは怨んでなんかいないゆぅて思いますけぇの。そがぁなわけんじゃないか?!無理かもしれんが、元気をだしてつかぁさいのぉ。



愛犬が亡くなったんじゃ  ペットロスの症状を乗り越えたんじゃ